読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり世代 おやさいの雑記

社会にでて1年目。お疲れ様です、お先失礼致します。趣味などについてゆるく

趣味の時間

趣味の時間

 

 

僕は4月から就職し、せっせと働くわけですが

周りの友人ら同様に憂鬱な感情になっています。

 

四年間、毎日遊びほうけていた学生が、

いきなり毎日働くわけなのでそれはそれは憂鬱になります。

 

とは、言えども自分の決めた道なので仕方はないし

僕はそれはそれで楽しみだったりします。

 


憂鬱になるひとの理由として

趣味の時間がとれなくなることがあると思います。


僕は音楽が好きです。

一人でコーヒーとかビール飲みながら音楽聴いたりすることが大好きです。

 

音楽を聴くことは「ながら」でできることで

通勤しながら、お風呂入りながら、寝ながらなど

たくさん「ながら」できます。

 

そう考えれば、音楽を聴く時間は減っても

多少減るだけで、できないわけではありません。

 


たとえば、海外旅行が一番の趣味の人。

学生時代、授業を休んでまで1週間以上旅行に行ってた人、

週に二日、もしくはそれ以下の休みでは

学生時代のように海外旅行には行けません。

 

そう考えると音楽を聴くことは毎日できるし、

社会人になればできなくなることもないです。

 


しかし、それは音楽を聴くことで

「体感」することとは話が違います。

 

そう、ライブに行けなくなることです。

 

 

なぜライブに行けなくなるのか

 


なぜライブ行けなくなるのか?

僕は音楽のなかでも洋楽が好きです。

洋楽のライブとなると平日夜が圧倒的に多いです。

 

おそらく休日よりも安くライブハウスをおさえることができ、

海外と日本の感覚の違ったりするんだと思います。

休日に合わせてくれるなんて超大物であり、幅広い世代が好きなアーティストです。

 

 

また、僕がよくライブに行くアーティストは東京と大阪の二カ所のみの開催であり、

よくても東名阪の三カ所です。

 

これでは有給休暇が取れたとしても、大阪や東京以外の配属では

いけない、またはかなりハードなスケジュールになります。

(だったら行くなよって話になるかもしれませんが・・・)

 

 

 

では、平日ライブに行ける職業って何か

 

これが意外とあるんですよね、、

自営業の方なら自分で休みとか多少は調節できるだろうし、

サービス業につかれている方なら休みが平日のケースは多い。

シフト制である職業とかたくさんありますね。

 

ライブにスーツ姿で来られる方も少ないので

やはり一般企業で働かれている方は休みを取って感じなのですかねえ

 

レコード屋、カフェ経営して夜はライブ見に行くなんて理想的だとは思いましたが

趣味を仕事にするとよくないとか聞くし、たまにライブに行けるからという

楽しさもあると思うから今のほうがいいのかなーー

 

 

今後行きたいけど行けないやつ

 

Cloud Nothings 4月

・American Football 6月

sigur ros 7.8月

 

まだ3つだけですが、これからもっとあると思うと、、、

Cloud Nothingsは新譜ちらっと聴いたらかなり良さげだし、

american footballはフェスでなければこれっきりな感じはします。

sigur rosは割と見ているけど、新譜も気になるところです。

 

 

4月からは趣味の抑制が始まるけど、

気持ちも入れ替えていろいろと頑張ります。。