読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり世代 おやさいの雑記

趣味などについてゆるく

趣味の時間

趣味の時間

 

 

僕は4月から就職し、せっせと働くわけですが

周りの友人ら同様に憂鬱な感情になっています。

 

四年間、毎日遊びほうけていた学生が、

いきなり毎日働くわけなのでそれはそれは憂鬱になります。

 

とは、言えども自分の決めた道なので仕方はないし

僕はそれはそれで楽しみだったりします。

 


憂鬱になるひとの理由として

趣味の時間がとれなくなることがあると思います。


僕は音楽が好きです。

一人でコーヒーとかビール飲みながら音楽聴いたりすることが大好きです。

 

音楽を聴くことは「ながら」でできることで

通勤しながら、お風呂入りながら、寝ながらなど

たくさん「ながら」できます。

 

そう考えれば、音楽を聴く時間は減っても

多少減るだけで、できないわけではありません。

 


たとえば、海外旅行が一番の趣味の人。

学生時代、授業を休んでまで1週間以上旅行に行ってた人、

週に二日、もしくはそれ以下の休みでは

学生時代のように海外旅行には行けません。

 

そう考えると音楽を聴くことは毎日できるし、

社会人になればできなくなることもないです。

 


しかし、それは音楽を聴くことで

「体感」することとは話が違います。

 

そう、ライブに行けなくなることです。

 

 

なぜライブに行けなくなるのか

 


なぜライブ行けなくなるのか?

僕は音楽のなかでも洋楽が好きです。

洋楽のライブとなると平日夜が圧倒的に多いです。

 

おそらく休日よりも安くライブハウスをおさえることができ、

海外と日本の感覚の違ったりするんだと思います。

休日に合わせてくれるなんて超大物であり、幅広い世代が好きなアーティストです。

 

 

また、僕がよくライブに行くアーティストは東京と大阪の二カ所のみの開催であり、

よくても東名阪の三カ所です。

 

これでは有給休暇が取れたとしても、大阪や東京以外の配属では

いけない、またはかなりハードなスケジュールになります。

(だったら行くなよって話になるかもしれませんが・・・)

 

 

 

では、平日ライブに行ける職業って何か

 

これが意外とあるんですよね、、

自営業の方なら自分で休みとか多少は調節できるだろうし、

サービス業につかれている方なら休みが平日のケースは多い。

シフト制である職業とかたくさんありますね。

 

ライブにスーツ姿で来られる方も少ないので

やはり一般企業で働かれている方は休みを取って感じなのですかねえ

 

レコード屋、カフェ経営して夜はライブ見に行くなんて理想的だとは思いましたが

趣味を仕事にするとよくないとか聞くし、たまにライブに行けるからという

楽しさもあると思うから今のほうがいいのかなーー

 

 

今後行きたいけど行けないやつ

 

Cloud Nothings 4月

・American Football 6月

sigur ros 7.8月

 

まだ3つだけですが、これからもっとあると思うと、、、

Cloud Nothingsは新譜ちらっと聴いたらかなり良さげだし、

american footballはフェスでなければこれっきりな感じはします。

sigur rosは割と見ているけど、新譜も気になるところです。

 

 

4月からは趣味の抑制が始まるけど、

気持ちも入れ替えていろいろと頑張ります。。

 

 

 

2017/02 まとめ(音楽編)

音楽

2017/02 まとめ(音楽編)

 

 

2月はライブを2本行って、

家で暇をしていたせいか音楽を聴くことが多かったように思えます。

しかし、CDの購入は少なく欲しいものが増えていく一方です。

それも含めて振り返りたいと思います。

 

 

 

購入したCDリスト 

 

 

購入したCDは三枚で以下の通りです。

 

The Chemical Brothers 「Surrender」

・Tribes「Wish to scream」

Kula Shaker「HUSH」

 

すべて中古で総額1000円以下でした。

いい買い物しました。

新譜は一枚も買っていないので買いたいです。 

上の2枚は記事にもしているのでぜひ見てみてください!

 

ohyasai.hatenadiary.jp

 

Kula Shakerの「HUSH」は記事にしていないので少し書きます。

こちらは初期アルバム「K」に漏れた曲で

Deep Purpleのカバー曲です。

 


Kula Shaker - Hush

 

オリジナルはこっち


Hush -Deep Purple


Deep Purple Hush (Original Film Clip 1968)

 

ライブでも定番曲となっていて、

オリジナルに負けない仕上がりになっています。

 

 

見に行ったライブ

 

今月は2本見に行きました!

以下の通りです。

 

・2/10 The album leaf

・2/16 Explosinons in the sky

 

 

ohyasai.hatenadiary.jp

ohyasai.hatenadiary.jp

 

どっちも大満足で、フジロックで見たばかりでも

まったく飽きを感じさせない演奏、セットリストでした!

 

就職して社会人なったらまったく見れなくなりそうなので

半年前からライブには積極的に行くようにしていたのですが

ますます寂しくなってしまいました。

 

今月はほかにもTravistrashcan sinatras、James blakeの

ライブに行きたかったのですがお金&スケジュール的に合わなくて

諦めてしまいました。(どれもフジロックで見たからね、我慢)

 

 

よく聴いた曲リスト

 

 

月によく聴いた曲をリストアップしていくことで

振り返ると楽しいと考えたので毎月書いてみることにしました。

 

the album leaf 「falling from the sun」

the album leaf 「Wandering Still」

the album leaf 「Loat in the fog」

・Band of horses「casual party」

・Band of horses「In a drawer」

The Chemical Brothers「Surrender」

Cloud Nothings「Modern act」

・Explosions in the sky「The Ecstatics」

・Explosions in the sky「Yasmin the Light」

・Japandroids「Near To The Wild Heart Of Life」

・never young beach 「どうでもいいけど」

Pavement 「Summer Babe(winter version)」

・Ringo Deathstarr「Chainsaw Morning」

・Tribes「Looking for Shangri-La

・Tribes「Englishman on sunset boulevard」

・Tribes「Street Dancin」

Yo La Tengo「From a motel 6」

Yo La Tengo「Ohm」

Yo La Tengo「I heard you looking」

・きのこ帝国「Whirlpool

チャットモンチー「majority blues」

 

ざっと上げるとこんな感じです。

中でも最高の曲のライブ動画で貼っておきます。

では、

 

youtu.be

 

 

2017/02 まとめ

雑記

2017/02 まとめ

 

 

2月のまとめですが、今は3月中旬、、

遅れましたが、このブログは自分のための備忘録的なものでもあるので

書きます。

 

2月はすごく暇しながら過ごしていました。

来年四月からは就職してまた別の地域に住むことになるので、

それなりに用意はしなければいけないものの

考えるだけでダラダラと過ごしていました。

それが今(3月)の忙しさにつながるとは、、、反省

 

などなどをかるーく振り返りながら

今日は書いていきたいと思います。

 

 

インフルエンザにかかる。

 

これは大誤算でした。

 

ohyasai.hatenadiary.jp

 

かなりしんどかったです。。

過去記事でも書きましたが、インフルエンザにかかることは4回目で

それなりに経験値はありましたが、過去最大のしんどさでした。

 

来年度からは社会人になるので体調管理も仕事のうちですね。

手洗いうがいをしっかりとして、風邪かなと思えば早期解決を、、

 

 

岡山に行ってきた。

 

 

岡山県にはちゃんと行ったことがないので、

割と近場ということもあり観光してきました。

 

とは言っても、倉敷岡山市中心街しか行っていません。

倉敷は外国人の方も多く観光されていて、

石川金沢のような小京都でした。

 

f:id:ohyasai:20170313180434j:plain

 

 

岡山県B級グルメの宝庫だそうで

「ホルモンうどん」を食べに行きました。

 

f:id:ohyasai:20170313180841j:plain

 

ホルモンから出てくる甘い油が、うどんに絡まっておいしい!!

しかもホルモンが多くて大きいこと!!

 

お店は「お好み焼き もり」という名前で

岡山駅から徒歩10分ほどで着きます。

 

 

 

2月のお買い物

 

 

3月で買い物を多く控えているので、

2月は特に買いませんでした。

 

一番大きな買い物は「tempurのマクラ」!

 

f:id:ohyasai:20170313193347j:plain

 

9000円のマクラはやっぱりすごい、気持ちよく寝ることができます

お店の人といろいろなマクラを試しましたが、

僕は低いマクラが好きみたいでした。

今まで使ってたマクラの半分くらいの厚さでした。

だから金縛りになっていたのか、、

 

 

まとめ

 

2月は家にいる時間が多くいかにも大学生ってな生活をつづけていたので

3月は予定もたくさんあり活動的に過ごしていきたいと思いました。

(3月は引っ越しもあるし)

またブログのほうも気まぐれではありますが、続けていきたいと思います。

 

 

 

 

2/26 Explosions in the Sky を見てきた

音楽

2/26 Explosions in the Sky

f:id:ohyasai:20170309212416j:plain

 

先月の26日にExplosions in the Skyを見てきました。

見るのは4回目、フジロック以来です。

野外でみるEITS。でビール飲みながらの夕方~夜にかけての

ホワイトステージは最高でした。

 

EITSは去年の春6枚目の「The wilderness」を発売してます。

「The wilderness」は2016年の個人的ベストなアルバムです。

今までのEITSの形を徐々に崩しはじめた、

変わり種的なアルバムなのですが

ライブで見ると「いかにもEITS」となる不思議な作品です。

 

今回の梅田クアトロは、日曜日とあってか多くの方が。

外国人の方の多さも目立っていましたね。

 

 

セットリスト

 

 

01. Yasmin the Light

02. The Birth and Death of the day

03. The Ecstatics

04. Greet Death

05. First Breath After Coma

06. Logic of a dream

07. With Tired Eyes,Tired Minds,Tired Souls,We Slept

08. Colors In Space

09. Six Days a the bottom of the Ocean

10. Disintegration Anxiety

11. The Only Moment We Were Alone

 

 

1曲目の「Yasmin the Light」でもう気分良くなってしまいました。

「Yasmin the Light」は初めてライブで見るので嬉しいし、

なによりも1曲目に選曲の良さ!


Explosions in the Sky Yasmin the Light Austin City Limits University of Texas, Austin, TX 6 14 2007

 

 

そこからの「the Birth and Death of the day」!

これは何度ライブで見ても飽きない、、

爆発ポイントが何カ所か存在してるのがより興奮させられますね。


Explosions In The Sky: The Birth and Death of the Day | NPR Music Front Row

 

 

3曲目の最新作からの「The Esctatics」

あの優しいフレーズで会場が癒されました。

前作との間に映画のサウンドトラックを挟んでるせいか

優しい曲も最新作ではありますね。


Explosions In The Sky: The Ecstatics | NPR Music Front Row

 

 

中盤6曲目の「Logic of a dream」では序盤の音の広がりがすごくて

全身が震えるような気分に


Explosions In The Sky: Logic of a Dream | NPR Music Front Row

 

 

7曲目「With Tired Eyes,Tired Minds,Tired Souls,We Slept」の

盛り上がり具合もすごいのですが、後半のあのアルペジオ

もう涙がこぼれそうな、、、


Explosions In The Sky: With Tired Eyes, Tired Minds, Tired Souls, We Slept | NPR Music Front Row

 

 

10曲目「Disintegration Anxiety」はフジでも見たのですが

かなりのライブ映えする曲で、ベース⇒ドラムからのギターの入りが

かっこよすぎるんです。

最後のディストーションからのあっさりとした終わりかたとかも。


Explosions In The Sky: Disintegration Anxiety | NPR Music Front Row

 

 

それで最後の「The Only Moment We Were Alone」

Munaf Rayaniさんのギター叩きが始まって、数回爆発して、

フジロック同様最後エフェクターで音全消しで終わるやつ。

フジロックで初めて見たけどこの終わり方の鳥肌総立ち感、、


Explosions In The Sky: The Only Moment We Were Alone | NPR Music Front Row

 

 

いやー最高でしたね。聴いたことないかたでも

The only moment we were alone でも聴いてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2/19 購入したCD

音楽

2/19 購入したCD

 

 

・TheChemicalBrothers 「Surrender」

・Tribes 「Wish To Scream」

 

の2枚の CDを購入しました。

Bookoffにて中古で購入したので1枚220円で

2枚で440円と破格の安さでゲットしました。

 

 

TheChemicalBrothers「Surrender」

 

 

f:id:ohyasai:20170219203440j:plain

 

 

このCDはもともとレンタルしてずっと聴いていました。

ChemicalBrothersの中でも一番好きなアルバムで、

いつか買おうと思っていたところ220円で売ってたので

即決で買いました。(新品で買おうかは迷ったけど)

 

一曲目の「Music:Responce」はゲームミュージックみたいで

最初からやみつきにさせる曲で始まります。


Music: Response - The Chemical Brothers

 

それからダンスナンバーが続き、

5曲目ノエルギャラガー(oasis)がボーカルを務める

「Let Forever Be」

これだけでもうこのアルバム買う価値ありますねえ

 

このころのノエルギャラガーは

oasisのライブで少しづつ歌うようになってきてはいるのですが

そんなに上手くはないんですが、そのヘタウマさが全面に出ていて(いい意味で)

とてもいいんです。。。

 


Let Forever Be - The Chemical Brothers

 

 

ここまででおなか一杯なのですが、

ここからさらに最高です。

 

次の「The Sunshine Underground」「Asleep from day」で

間違いなく一回宇宙に飛ばされます。

なんたって心地よすぎます。。。

 


The Chemical Brothers - The Sunshine Underground


The Chemical Brothers - Asleep From Day (HD Version)

 

 

寝てしまっている間に次の曲をいつも聴き流すのですが、

次の名曲でまた一気に起こされます(笑)

 

「Hey Boy Hey Girl」がいつの間にか流れていて

目がぱっちり開いてしまいます。

 


The Chemical Brothers - Hey Boy Hey Girl (Extended Version)

 

安心してください、目が開いてしまっても

すぐにまた寝れますから。

 

次の表題曲「Surrender」でまた一気に宇宙にとびます。

 

そしてアルバムの最後を飾る「Dream on」

一応Hidden trackとしての扱いみたいなのですが

全然隠さなくてもいいです。(逆に隠すあたりがやらしい)

 

曲は6分もあるのですが、ずっとほぼ同じ展開です。

それがいいんです。

アコースティックギター(marcury revのギターが参加)の

優しいストロークが入るところでいつも泣きそうになるのですが

5分半ころのアウトロですごく温かい気持ちになります。

完全に子守歌、、ぜひ聴いてみてください。

 


Dream On - The Chemical Brothers

 

CDの写真の横にあるのはステッカーです。

中古なのにステッカーもついいてて得した気分です。

 

こういうステッカーって嬉しいんですけど

いまいち使い道がわからなかったりするんですよね、、

 

 

 

Tribes 「Wish To Scream」

 

 

f:id:ohyasai:20170219214351j:plain

 

 

これはずっと欲しかったのですが、

買わずにそのままだったアルバムです。

 

2013年に解散したバンドなのです。

このアルバムが最後のアルバムとなりました。

 

1枚目の「Baby」はガレージロックなアルバムで

当時Vaccinesとかとともイギリスで注目されていたそうです。

ちなみに1枚目もかなりの名盤なので是非に

 


Tribes - Sappho (HQ Audio)

 

 

 

この「Wish To Scream」は1枚目よりもキャッチーで

ポップになった印象です。

この手のバンドは2枚目で雰囲気が変わるのですが

Tribesも変わりましたね。

 

この変化は賛否両論ですが、僕は好きなんですよね。

これはこれでありかなって。

 

一曲目のリードトラックの「Dancehall」

西海岸?テイストで明るくて思わずコーラスいれたくなる曲です。

この曲をアルバム前に聴いたので次のアルバムで

結構雰囲気変わりそうだなって思いました。

 


Tribes- Dancehall [FULL VERSION]

 

 

「Looking for Shangri-La」なんかは女性コーラスとか入っちゃって

完全西海岸でしょ。(西海岸がどんなとこかわからないけど、

なんとなくで使ってます。はい。)

でもこの曲すきです。

 


Tribes- Looking for Shangri-La [FULL VERSION]

 

 

「Englishman on sunset boulevard」なんかも西海岸です。

アコースティックギター1本で作れそうな簡単な曲だなーと

思っていて気がついたのですが、

バンドの仲があまりうまくいってなかったのかなとも

考えてしまいます。(さみしい)

 


Tribes- Englishman on Sunset Boulevard [ FULL VERSION]

 

たしかに1枚目なんかは曲は単純でもバンドサウンド!ってな感じでしたし。

そう考えると途端に寂しくなってきます。。。

最後の曲「Street Dancin」なんかはBarで一人で飲んでる感じで

すごくもの悲しいです。

 


Tribes- Street Dancin' [ FULL VERSION]

 

さみしい感じなっちゃいましたが

1枚目の「Baby」に劣らずとてもいいアルバムです!

2枚しかアルバム出ていないのですぐに聴けちゃうので

Tribes 是非に!

 

 

 

 

インフルエンザA型にかかっていました....

雑記

インフルエンザにかかりました。

 

 

タイトル通りインフルエンザにかかっていました。

先週朝起きるとあまりにもしんどくて即刻病院に行きました。

すると見事にインフルエンザにかかっていました。。。

 

確かに僕の周りで結構流行っていましたが

まさか自分が発症するとは、、、

 

それにしてもインフルエンザってこんなにしんどかったっけ!?

って思うほどしんどかったです。(インフルエンザにかかるのは人生3度目(笑))

一人暮らしなので尚更しんどい。。。

 

 

初期治療が大事 

 

 

インフルエンザに関わらずなんでも初期治療が大切なのは当たり前ですが

インフルエンザは特に初期治療が大切みたいです。

なぜなら、インフルエンザの薬は発症から48時間以内に飲まないと

効果を発揮しないからです。

 

僕は今回「イナビル」という薬をもらったのですが

これも48時間以内に飲むように指示されました。

 

僕は発熱から一日以内に飲むことができたので、

2日ほどで熱が下がり3日目の夜には復活できました。

 

しかし、病院行くのが遅れた知人は5日も熱が下がらなかったみたいです。。

 

 

やっぱりなんでもすぐに病院行けって話

 

 

僕は大学生活の間、何回か風邪をひいたのですが

最初のころは高熱が出たらすぐに病院にいっていました。

 

しかし、病院代は高いし、結構な時間待たされ上、

診察なんか一瞬で解熱剤と抗生物質渡されて終わりでした。

 

ある時風邪ひいて病院行くのもしんどいし

どうせ病院行ってもいつも通りだと考え放置していました。

いつも通りすぐに治るだろうと、、、

 

それが全然治らない!

 

やっぱり病院に行くのって大事だなと実感してしまいました。

いつもすぐに治ってたのはちゃんとすぐに病院行ってお薬もらってたからでした。

 

そして教訓を活かして、今回すぐに病院に行ったのです。

やはり大事なことでした。。。

 

先ほどから当たり前のこと書いてるよなああ

 

病院代や待ち時間、怠さを犠牲にしても病院にすぐに行くほうが

失うものは少ない(治るまでにかかる期間のことを考えるとすべての面でお得です)

ので、これからもすぐに病院に行こうと思ったのでした。。。

 

皆さんもまだインフルエンザ流行っているので気をつけてください!

TheAlbumLeafを見てきた。

音楽

2/10 The Album Leaf @大阪

 

f:id:ohyasai:20170213173646j:plain

 

 

The Album Leafの来日公演を見てきました。

albumleafを見るのは去年のフジロック以来で

フジロックの時は暑い中の昼間のレッドマーキーで涼しく聴こうと

思ってたのがかなり良くて興奮しまくりでした。

 

で、アルバム「Between Waves」が去年8月に6年ぶりに発売して

そのアルバムのツアーで東京大阪の2公演とのことでした。

東京は売り切れてみてたみたいですね。

大阪も割といっぱいでびっくりしました。

 

 

セットリスト

 

 

1.    False Dawn

2.    Glimmering Lights

3.    New Soul

4.    Window

5.    Falling from the Sun

6.    Images

7.    Descent

8.    Back to the Start

9.    Forever Drive

10.  Never Far

11.  Twenty two fourteen

12.  Brennivin

13.  The Outer Banks

14.  Lost in the Fog

15.  Between Waves

16.  Lights

Encore

17.  Always For You

 

17曲もやってたんだ。。

ここちよかったので時間の感覚がわからなかった。

ライブ前機材がステージ上にびっしりあったので、

狭くて結構危ないんじゃないかと心配してました。

本当にその通りでメンバーが移動するたびぶつけそうになってました(笑)

 

肝心のライブは素晴らしくて、ノイズまでとはいかないけど

大音量で鳴らす部分もあれば、WindowとかLightsみたいに

一音一音の間の静寂がなんとも言えないチルな気分になる

album leafの持つ独特の雰囲気が最高でした。

 

「Between Waves」からの曲もライブ映えしていて、

アルバムを聴き始めたころはちょっとダークな暗い曲もあるなくらいに

思っていた曲も生で聴くとよかったです。

個人的には「Between Waves」の「Wandering Still」がやってほしかったなー

「Lost in the Fog」とかは後半の盛り上がるとこはバイオリンがいい味だしてた

 

定番の曲もしっかりとやってくれてたし、

何よりも僕の大好きな「Falling from the Sun」なんかは

何度聞いても最高だったなー

 

いいライブでした。

 

初めて聴く方はこちらへ↓

 


The Album Leaf - Falling From The Sun - A Chorus of Storytellers